• ホーム
  • 湿気の状況は絶対に調べるべきポイント!

湿気の状況は絶対に調べるべきポイント!

笑顔の受付スタッフ

事前の図面や基本スペックの確認だけでは、判断しづらい要素の一つに湿気の状況があります。
高温多湿な夏をすごすことになる日本では、どこに住んでいても梅雨や夏場になると湿気に悩まされるものです。
寒冷地方では冬場の窓につく結露なども、湿気が関係しています。
しかし賃貸物件のなかには、このような気象要因だけでなく、建物の構造が湿度が上がりやすい仕様になっていることもあるようです。
湿度が高い環境では、壁面やクローゼットのなかなど思わぬ箇所に黒カビなどが発生することがあります。
湿度があがる要因は色々ありますが、案外多いのが屋根裏やサッシなどの壁面からの雨漏りが考えられます。
マンションでは屋上などが防水施工されていることが多いので、屋根裏からの雨漏りと言うのはあまり遭遇しませんが外壁から漏水経路が形成されていることがあります。
例えば壁面塗装の劣化でクラックなどが出来てしまって、長期間放置すると水分が内部に浸透していくことがあります。
その結果水分による侵食が進行して、雨水が浸入してくる経路が完成してしまうわけです。
雨天時にサッシと壁面の境目から水が漏れてきたりすることもありますが、水が直接落ちてくるだけでなく壁面に水分が浸透してくることで、部屋の内部の湿度があがってしまう現象に遭遇することもあります。

このような壁面を通じた雨漏りなどが発生しているような物件では、恒常的に湿気が高い状態になっているのでいくつかの特徴的な徴候を発見することができます。
冬場になると酷い結露が発生して、窓硝子が水滴でおおわれてしまったり、特に湿度をあげるような原因が見当たらないのに、壁面や水回りに黒カビなどが発生することもあります。
水分が壁面を通じて入り込んでくるおかげで壁紙が変色してしまったり、クロスに浮きあがった部分などが目に付くようにもなります。

もっとも新しい住人を迎える前にハウスクリーニングが実施されているはずなので、壁紙の変色やクロスの浮きなどは交換や張替えが済んでいるので内見時に確認するのは事実上困難です。
しかし完全に不都合な真実を糊塗することは困難なもので、チェックするべき事項も存在します。
例えば部屋を見回してみて不自然に新しいものに交換されていたり、一面だけ塗り直しされている場合は注意を向けるべき事象です。
不自然に交換したり塗り直しなどがされているのは、湿気が高いことで生じた不具合を補修した可能性があるからです。
このような点を発見したときは、不動産会社の担当者に確認するべきでしょう。