• ホーム
  • 意外とやっている防犯意識に欠けた行為とは?

意外とやっている防犯意識に欠けた行為とは?

最近では賃貸マンションのなかでも、防犯カメラや有人の警備スタッフが24時間常駐しているような防犯性能を重視した物件も増えてきました。
特に女性の一人暮らしの方では、このようなセキュリティ面での性能が充実した物件を選択する傾向が顕著になっています。
しかしいくら生活の本拠にセキュリティ性能が充実している物件を選んでいても、日常の何気なくとっている行動で、自ら危険を引き入れていることもあるのです。
現に、これほど防犯意識が高くなっているのに、痴漢被害や下着泥棒などの被害が後を絶ちません。
警察が発表している犯罪認知件数はあくまで通報してきた件数を総計したものです。
女性のなかには犯罪被害に遭遇したことを恥ずかしく思って警察に通報しない事例も少なくありません。
そこで一人暮らしの女性などが陥りやすい、注意するべき行動や振る舞いについて検討してみましょう。

24時間営業していることの多いコンビニや、夜遅くまで営業しているスーパーは一人暮らしの女性にとって非常に便利な存在です。
お気に入りの店を見つければ同じ店で買い物をすることも多くなります。
仕事の帰りについでに立ち寄ることも多く、帰り際に同じ店で買い物をすることがルーチンワークになっていることもあります。
このような行動を無意識的に行っていることも多い訳ですが、似通った時間帯で同じ店で買い物をしていると、不審者に帰宅経路を悟られることになり、待ち伏せされるリスクが高くなります。
帰宅経路を悟られることを回避するには、ときには違うルートを選択したり、待ち伏せのために隠れ場所が多い道や、夜間照明の乏しい道などを利用するのは避けるべきです。
とりわけ夜道は衆目の監視が難しいコンディションになるので、背後から不審者につけられても気付くことが難しいといえます。
女性が夜道を歩くときには、背後にも注意を怠ることなく常に警戒心を持つことが大事です。

ところで階段やエレベーターなどの移動の手間がないからといって、あえて一階の部屋で一人暮らしをしている女性の方も珍しくありません。
しかし一階は通行のついでにでも窓から簡単に内部を覗くことが可能です。
窓には厚手のカーテンを装着して、確実に視線を遮るようにすることが重要です。
また近くのコンビニに出かける程度の短時間の外出でも開けっ放しにするのは絶対にやめてください。
わずかな時間の外出でもしっかり施錠し、決して開けっ放しにしないことは防犯上の基本です。